南部陽一郎

概要

 南部陽一郎(なんぶよういちろう)大正十(1921)年辛酉(かのととり58)一月十八日生誕 -平成二十七(2015)年七月五日逝去(九十四歳)は、理論物理学者。

経歴

  大正十(1921)年辛酉(かのととり58)一月十八日に南部陽一郎は東京府東京市麻布区元麻布で誕生する。

 昭和十五年(1940年)に第一高等学校を卒業する。 昭和十七年(1942年)に 東京帝国大学理学部物理学科を卒業する。 昭和二十四年(1949年)に大阪市立大学理工学部助教授に就任する。 昭和二十九年(1954年)にシカゴ大学に移籍する。平成二十年(2008年)にノーベル物理学賞を受賞する。 平成二十七(2015)年七月五日に南部陽一郎は逝去。九十四年の生涯を終えた。