小佐野賢治

概要

 小佐野賢治(おさのけんじ) 大正六(1917)年丁巳(ひのとみ54)二月十五日生誕 -昭和六十一(1986)年十月二十七日逝去(六十九歳)は、実業家。

経歴

 大正六(1917)年丁巳(ひのとみ54)二月十五日に小佐野賢治は山梨県東山梨郡山村(現、甲州市勝沼町山地区)で農家の父・小佐野伊作と母・ひらの長男として誕生する。

 東雲尋常小学校高等科を卒業する。昭和八年(1933年)に上京して自動車部品販売店へ就職する。昭和二十年(1945年)にホテル事業に進出する。 昭和二十一年(1946年)にバス事業に進出する。

  昭和五十一(1976)年二月十六日にロッキード事件で衆議院予算委員会の第1回証人として証人喚問を受ける。 昭和六十一(1986)年十月二十七日に小佐野賢治は逝去。六十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA