木下惠介

概要

 木下惠介(きのしたけいすけ) 大正元(1912)年壬子(みずのえね49)十二月五日生誕 – 平成十(1998)年十二月三十日逝去(八十六歳)は、映画監督、脚本家。

経歴

  大正元(1912)年壬子(みずのえね49)十二月五日に木下惠介は静岡県浜松市伝馬町で食料品店(漬物製造)の「尾張屋」を営む父・周吉と母・たまの四男として誕生する。

 松工業学校(現、浜松工業高等学校)紡績科を卒業後、上京する。昭和八年(1933年)にオリエンタル写真学校を経て松竹蒲田撮影所現像部に入社する。昭和十一年(1936年)に松竹大船撮影所に移り島津保次郎に引き抜かれて島津の助監督となる。昭和十八年(1943年)に監督デビューをする。 平成十(1998)年十二月三十日に木下惠介は逝去。八十六年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA