糸川英夫

概要

 糸川英夫(いとかわひでお) 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)七月二十日生誕 – 平成十一(1999)年二月二十一日逝去(八十六歳)は、 工学者。

経歴

 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)七月二十日に糸川英夫は 東京市麻布区(現、東京都港区西麻布)で誕生する。

 第一東京市立中学校(現、東京都立九段高等学校)、東京高校(現、東京大学)理科甲類を経て、昭和十年(1935年)に東京帝国大学工学部航空学科を卒業する。

 中島飛行機に入社して、帝国陸軍の九七式戦闘機、一式戦闘機 隼、二式戦闘機 鍾馗などの設計に関わる。昭和十六(1941)年十一月に東京帝国大学第二工学部助教授に就任する。昭和二十三年(1948年)に東京大学教授に就任する。

 昭和四十二年(1967年)に東京大学を退官して組織工学研究所を設立する。 平成十一(1999)年二月二十一日に糸川英夫は逝去。八十六年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA