新藤兼人

概要

 新藤兼人(しんどうかねと)明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)四月二十二日生誕 – 平成二十四(2012)年五月二十九日逝去(百歳)は、映画監督、脚本家。

経歴

  明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)四月二十二日に新藤兼人は、広島県佐伯郡石内村(現、広島市佐伯区五日市町石内)で誕生する。

 昭和九年(1934年)に新興キネマに入社する。 昭和十九年(1944年)に興亜映画が松竹大船撮影所に吸収され東京本部へ移籍する。 昭和二十五年(1950年)に松竹を退社して独立プロダクションの先駈けとなる近代映画協会を吉村公三郎、殿山泰司らと設立する。平成二十三年(2011年)に第59回菊池寛賞を受賞する。 平成二十四(2012)年五月二十九日に新藤兼人は逝去。百年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA