双葉山定次

概要

 双葉山定次(ふたばやまさだじ) 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月九日生誕 – 昭和四十三(1968)年十二月十六日逝去(五十六歳)は、大相撲力士。

経歴

  明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月九日に双葉山定次は大分県宇佐郡天津村布津部(現、大分県宇佐市下庄)で誕生する。

 立浪部屋に入門して昭和二(1927)年3月場所で初土俵を踏む。昭和六(1931)年5月場所に19歳3ヶ月で十両に昇進する。昭和十二(1937)年5月場所に全勝優勝を果たし、横綱に推挙される。昭和十四(1939)年1月場所5日目の安藝ノ海との取り組みで双葉山は敗れ、連勝記録は69連勝となる。昭和二十(1945)年11月場所で現役を引退する。 昭和四十三(1968)年十二月十六日に双葉山定次は逝去。五十六年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA