檀一雄

概要

 檀一雄(だんかずお)明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月三日生誕 – 昭和五十一(1976)年一月二日逝去(六十三歳)は、小説家、作詞家、料理家。

経歴

 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月三日に檀一雄は山梨県南都留郡谷村町(現、山梨県都留市下谷)で図案の技師として県立工業試験場に勤めていた父・参郎と母・とみの長男として誕生する。

 昭和七年(1932年)に東京帝国大学経済学部に入学する。昭和十一年(1936年)に「夕張胡亭塾景観」が第2回芥川賞候補となる。昭和二十六年(1951年)に『真説石川五右衛門』で第24回直木賞を受賞する。 昭和五十一(1976)年一月二日に檀一雄は逝去。六十三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA