吉村昭

概要

 吉村昭(よしむらあきら) 昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)五月一日生誕 – 平成十八(2006)年七月三十一日逝去(七十九歳)は小説家。

経歴

  昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)五月一日に吉村昭は東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現、東京都荒川区東日暮里)で父・吉村隆策と母・きよじの八男として誕生する。

 昭和四十一年(1966年)に 『星への旅』で太宰治賞を受賞する。昭和四十八年(1973年)に 『戦艦武蔵』『陸奥爆沈』『関東大震災』などで菊池寛賞を受賞する。  平成十八(2006)年七月三十一日に吉村昭は逝去。七十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA