宮尾登美子

概要

 宮尾登美子(みやおとみこ) 大正十五(1926)年丙寅(ひのえとら3)四月十三日生誕 -平成二十六(2014)年十二月三十日逝去(八十八歳)は小説家。

経歴

  大正十五(1926)年丙寅(ひのえとら3)四月十三日に宮尾登美子は高知県高知市で誕生する。

 昭和十八年(1943年)に高坂高等女学校を卒業する。安居国民学校の代用教員となる。 昭和三十七年(1962年)にラジオドラマ「真珠の家」がNHK高知放送局のラジオドラマ脚本募集で佳作一席となり、仕事を辞めて文筆生活に入る。作品のテーマは一貫して女性であり、自伝ものから出発して、さまざまな分野に新境地を開いている。平成二十六(2014)年十二月三十日に宮尾登美子は逝去。八十八年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。