山崎豊子

概要

 山崎豊子(やまさきとよこ) 大正十三(1924)年甲子(きのえね1)一月二日生誕 -平成二十五(2013)年九月二十九日逝去(八十九歳)は 小説家。

経歴

  大正十三(1924)年甲子(きのえね1)一月二日に山崎豊子は大阪府大阪市南区(現、中央区)船場で誕生する。

 昭和十九年(1944年)に京都女子専門学校(現、京都女子大学)国文学科を卒業する。毎日新聞社に入社する。学芸副部長の井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。昭和三十二年(1957年)に『暖簾』を刊行して作家デビューする。 昭和三十三年(1958年)に 『花のれん』で第39回直木賞を受賞する。 平成二十五(2013)年九月二十九日に山崎豊子は逝去。八十九 年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA