竹下登

概要

 竹下登(たけしたのぼる) 大正十三(1924)年甲子(きのえね1)二月二十六日生誕 -平成十二(2000)年六月十九日薨去(七十六歳)は、政治家。

経歴

  大正十三(1924)年甲子(きのえね1)二月二十六日に竹下登は島根県飯石郡掛合村(現、島根県雲南市)で造り酒屋を営む父・ 竹下勇造と母・唯子の長男として誕生する。

 昭和二十二年(1947年)に早稲田大学商学部を卒業する。 昭和三十三年(1958年)に第28回衆議院議員総選挙に出馬して島根全県区でトップ当選する。 昭和四十九年(1974年)に第2次田中角栄内閣の内閣官房長官に就任する。 昭和六十一年(1986年)に自民党幹事長に就任する。 昭和六十二(1987)年十一月六日に第74代内閣総理大臣に就任する。 平成十二(2000)年六月十九日に竹下登は薨去。七十六年の生涯を終えた。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA