宮澤喜一

概要

  宮澤喜一(みやざわきいち)大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十月八日生誕 -平成十九(2007)年六月二十八日薨去(八十七歳)は、政治家 。

経歴

  大正八(1919)年 己未(つちのとひつじ56) 十月八日に宮澤喜一は東京で父・宮澤裕と母・ことの長男として誕生する。

 旧制武蔵高等学校を卒業する。東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。昭和十七(1942)年一月に大蔵省に入省する。昭和二十八年(1953年)に第3回参議院議員通常選挙で広島県選挙区から出馬して当選する。

昭和四十二年(1967年)に第31回衆議院議員総選挙で出馬して当選する。通産省、外相、総務会長の要職を歴任する。平成三(1991)年十一月五日に内閣総理大臣に就任する。 平成十九(2007)年六月二十八日に宮澤喜一は薨去。八十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。