美濃部亮吉

概要

 美濃部亮吉(みのべりょうきち) 明治三十七(1904)年甲辰(きのえたつ41)二月五日生誕 -昭和五十九(1984)年十二月二十四日逝去(八十歳)は、マルクス経済学者、政治家、東京都知事、参議院議員。

経歴

 東京府で憲法学者の父・美濃部達吉と母・多美子の長男として誕生する。

 大正五年(1916年)に東京高等師範学校附属小学校(現、筑波大学附属小学校)を卒業する。 大正十年(1921年)に東京高等師範学校附属中学校(現、筑波大学附属中学校 ・高等学校)を卒業する。

  大正十二年(1923年)に 第二高等学校を卒業する。昭和二年(1927年)に東京帝国大学経済学部を卒業する。同年、 東京帝国大学助手となる。昭和十年(1935年)に法政大学教授に就任する。

 昭和二十一年(1946年)に内閣統計委員会委員に任命され、事務局長を兼任する。昭和四十二年(1967年)に東京都知事選挙に社会党・共産党薦で立候補して当選する。 昭和五十四年(1979年)に都知事を退任する。 昭和五十年(1980年)に参議院議員選挙に出馬して当選する。 昭和五十九(1984)年十二月二十四日に美濃部亮吉は逝去。八十年の生涯を終えた。