三岸好太郎

概要

 三岸好太郎(みぎしこうたろう) 明治三十六(1903)年 癸卯(みずのとう40)四月十八日生誕 -昭和九(1934)年七月一日逝去(三十一歳)は、洋画家。

経歴

 北海道札幌区(現、北海道札幌市)で父・橘巌松と母・三岸イシの子として誕生する。

 大正五年(1916年)に父を亡くしてから、母・イシが質屋に住み込みで働き始め、札幌で所帯を持っていた異父兄・梅谷松太郎(子母澤寛)に育てられる。札幌第一中学校(現、北海道立札幌南高等学校)を卒業後、画家を志して 大正十年(1921年)に上京する。

  大正十二年(1923年)に第1回春陽展に『檸檬持てる少女』が入選する。 大正十三年(1924年)に第2回春陽展に『兄及ビ彼ノ長女』などを出品して春陽会賞を主席で受賞する。同年、吉田節子と結婚する。 昭和九(1934)年七月一日に三岸好太郎は胃潰瘍で逝去。三十一年の生涯を終えた。