西堀栄三郎

概要

 西堀栄三郎(にしぼりえいざぶろう)明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)一月二十八日生誕 -平成元(1989)年四月十三日逝去(八十六歳)は、登山家、無機化学者、技術者。

経歴

 明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)一月二十八日に西堀栄三郎は京都府で誕生する。

 京都府立京都第一中学校、第三高等学校を経て京都帝国大学理学部化学科を卒業する。 京都帝国大学講師、助教授を歴任した後、東京電機(東芝)に就職する。 東芝技術本部長時代に、海軍の要請を受けて真空管「ソラを開発して技術院賞を受賞する。

 第二次世界大戦後に京大に助教授、教授として復帰する。昭和三十一年(1956年)に第一次南極観測隊の副隊長兼越冬隊長を務める。日本原子力研究所理事や日本生産性本部理事を務める。 平成元(1989)年四月十三日に西堀栄三郎は逝去。八十六年の生涯を終えた。