淵田美津雄

概要

 淵田美津雄(ふちだみつお) 明治三十五(1902)年壬寅(みずのえとら39) 十二 月三日生誕 -昭和五十一(1976)年五月三十日逝去(七十三歳)は、 海軍軍人。

経歴

  明治三十五(1902)年壬寅(みずのえとら39) 十二 月三日に淵田美津雄は、奈良県北葛城郡磐城村(現、奈良県葛城 市)で教師の父・弥蔵と母・シカの三男として誕生する。

 大正十年(1921年)に海軍兵学校に52期として入学する。大正十三(1924)年七月二十四日に海軍兵学校を卒業する。少尉候補生となる。昭和三(1928)年一月に霞ヶ浦海軍航空隊偵察科学生となる。同年十二月に霞ヶ浦練習航空隊偵察科を卒業する。

 昭和十三(1938)年九月十五日に海軍大学校を卒業する。空母「龍驤」の飛行隊長となる。 昭和十六 (1941)年八月二十五日に第一航空艦隊の赤城飛行長に着任する。同年十二月八日における真珠湾空襲部隊の総指揮官で第1次攻撃隊を指揮する。

  昭和二十六年 1951に斉藤敏夫牧師司式のもと洗礼を受ける。昭和二十七年(1952)年から昭和三十二年(1957年)まで8度にわたりアメリカへ伝道の旅に出かける。 昭和五十一(1976)年五月三十日に淵田美津雄は逝去。七十三年の生涯を終えた。