昭和天皇

概要

 昭和天皇(しょうわてんのう) 明治三十四(1901)年辛丑(かのとうし38)四月二十九日生誕 -昭和六十四(1989)年一月七日崩御(八十七歳)は、第124代天皇。諱は裕仁(ひろひと)、御称号は迪宮(みちのみや)

経歴

  明治三十四(1901)年辛丑(かのとうし38)四月二十九日に昭和天皇は東京府東京市赤坂区青山御所で父・大正天皇(当時、皇太子嘉仁親王)と母・貞明皇后( 当時、 皇太子妃節子)の第一皇子(皇男子)として誕生する。

 明治四十一年(1908年)に学習院初等科に入学する。 学習院 院長・陸軍大将乃木希典から教育を受ける。大正元(1912)年七月三十日に、祖父・明治天皇崩御。父・大正天皇の践祚に伴い皇太子となる。同年九月に陸軍少尉近衛歩兵第一連隊・第一艦隊附となる。

 大正五年(1916年)に陸海軍大尉に昇任する。同年十一月三日に、立太子の礼を行う。大正七年(1918年)に、久邇宮邦彦王第一女子の良子女王が、皇太子裕仁親王妃に内定する。大正十(1921)年十一月二十五日に大正天皇の病弱により就任する。以後は摂政宮(せっしょうのみや)と称される。

 大正十三年(1924年)に良子女王(香淳皇后)と成婚する。大正十五(1926)年十二月二十五日に大正天皇の崩御を受け、 践祚に伴い 第124代天皇 となる。貞明皇后は皇太后に、皇太子裕仁親王妃良子女王は皇后となる。「大正」から「昭和」(しょうわ)に改元する。陸海軍大将、大元帥となる。

 昭和六十四(1989)年一月七日午前6時33分、昭和天皇は十二指腸乳頭周囲腫瘍腺癌のため崩御する。 八十七 年の生涯を終えた。