松下幸之助

概要

 松下幸之助(まつしたこうのすけ) 明治二十七(1894)年甲午(きのえうま31) 十一 月二十七日生誕 -平成元(1989)年四月二十七日薨去(九十四歳)は、実業家、発明家、著述家。

経歴

  明治二十七(1894)年甲午(きのえうま31) 十一 月二十七日 に松下幸之助は和歌山県海草郡和佐村旦ノ木(現、 和歌山県和歌山市禰宜)で小地主の父・松下政楠と母・とく枝の三男として誕生する。

 明治三十二年(1899年)頃、父が米相場で失敗して破産したため、一家で和歌山市本町1丁目に転居し、下駄屋を始めたが、父には商才がなく店を畳む。幸之助は尋常小学校を4年で中退し、9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公に出される。後に奉公先を五代自転車に移す。

 大阪市に導入された路面電車を見て感動し、電気に関わる仕事を志す。16歳で大阪電灯(現、関西電力)に入社し、7年間勤務する。電球の取り外しも専門知識が必要な危険な作業であったため、簡単に電球を取り外すことができる電球ソケットを在職中に考案する。

 大阪府東成郡鶴橋町猪飼野(現、大阪市 東成区玉津2丁目)の自宅で、妻むめのと、その弟の井植歳男、および友人2名の計5人で、 電球 ソケットの製造販売に着手する。

 事業拡大に伴い、大正七年(1918年)に大阪市北区西野田大開町(現、大阪市福島区大開2丁目)で松下電気器具製作所(現、パナソニック)を創業する。昭和七年(1932年)を『命知元年』と定めて5月5日に第1回創業記念式を開き、『水道哲学』『250年計画』『適正利益・現金正価』を社員に訓示する。

 戦後、GHQによって制限会社に指定され、幸之助・歳男以下役員の多くが戦争協力者として公職追放処分を受ける。井植兄弟を社外に出した幸之助は、「松下は一代で築き上げたもので、買収などで大きくなった訳でもなく、財閥にも当らない」と反駁する。昭和二十一(1946)年十一月にPHP研究所を設立し、倫理教育に乗り出す。

  平成元(1989)年四月二十七日に松下幸之助は薨去。九十四年の生涯を終えた。