豊田喜一郎

概要

豊田喜一郎(とよだきいちろう)明治二十七(1894)年甲午(きのえうま31)六月十一日生誕 -昭和二十七(1952)年三月二十七日逝去(五十七歳)は、経営者、技術者、トヨタ自動車創業者。

経歴

 明治二十七(1894)年甲午(きのえうま31)六月十一日に 豊田喜一郎は静岡県敷知郡吉津村山口(現在の静岡県湖西市山口)で豊田佐吉と佐原たみの長男として誕生する。

旧制明倫中学校(現、愛知県立明和高等学校)、第二高等学校(現、東北大学)甲組工科を経て、大正九年(1920年)に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業する。

 大正十( 1921)年三月に豊田紡績に入社する。父から発明より経営に重点を置くように指示されるが、試験工場を作り自動織機の開発を開始する。当時、黎明期にあった自動車産業が将来大きく発展すると考え、昭和八( 1933)年九月一日に豊田自動織機製作所内に自動車製作部門(のちに自動車部)を新設する。

  昭和十二年( 1937年)にトヨタ自動車工業株式会社として独立して、同社の副社長に就任する。 昭和二十七(1952)年三月二十七日に豊田喜一郎は逝去。五十七年の生涯を終えた。