西条八十

概要

 西條八十(さいじょうやそ)明治二十五(1892)年壬辰(みずのえたつ29)一月十五日生誕 -昭和四十五(1970)年八月十二日逝去(七十八歳)は、詩人、作詞家、仏文学者。

経歴

 明治二十五(1892)年壬辰(みずのえたつ29)一月十五日に西条八十は東京府東京市牛込区牛込払方町(現、東京都新宿区払方町)で大地主の子として誕生する。

 桜井尋常小学校、旧制早稲田中学校を経て早稲田大学文学部英文科を卒業する。大正八年(1919年)に自費出版した第一詩集『砂金』で象徴詩人としての地位を確立する。

 フランスのソルボンヌ大学に留学して、帰国後早稲田大学文学部文学科教授に就任する。戦時中は日本文学報国会詩部会幹事長として戦争協力を行い、軍人援護強化運動として「起て一億」の作詞を担当した。

 戦後は日本音楽著作権協会会長を務める。昭和三十七年(1962年)に日本芸術院会員となる。昭和四十五(1970)年八月十二日に西条八十は逝去。七十八年の生涯を終えた。