河井寛次郎

概要

河井寛次郎(かわいかんじろう)明治二十三(1890)年庚寅(かのえとら27)八月二十四日生誕 -昭和四十四(1966)年十一月十八日逝去(七十六歳)は、陶芸家。

経歴

 明治二十三(1890)年庚寅(かのえとら27)八月二十四日に河井寛次郎は島根県安来町(現、島根県安来市)で大工の家に誕生する。

 松江中学(現、島根県立松江北高等学校)を経て、明治四十三年(1910年)に東京高等工業学校(現、東京工業大学)窯業科へ入学する。陶芸家の板谷波山の指導を受ける。窯業の科学的研究を行う。

 大正三年(1914年)に東京高等工業学校を卒業する。同年、京都市陶磁器試験場に入所する。に1万種以上の釉薬の研究や、中国陶磁など過去の陶磁の模倣や研究を行う。

 大正九年(1920年)に五代清水六兵衛の技術的顧問を務めていた縁で京都・五条坂にあった六兵衛の窯を譲り受け、「鐘渓窯」と名づけ自らの作品制作を開始する。大正十年(1921年)に「創作陶磁展覧会」を東京と大阪の髙島屋で開催する。

 大正十五年(1926年)に柳宗悦、濱田庄司とともに日本民芸美術館設立趣意書を発表する。古い日用品を発掘しその制作のための技術を復活させ、無名職人による日用の美を世に広め、新しい日用品を制作し普及しようとした「民藝運動」に深く関わるようになる。

昭和十二年(1937年)に 京都市東山区五条坂鐘鋳町に故郷の民家の形をもとに登り窯の形に対応するかのような構造をした新しい自宅兼仕事場を自ら設計して大工である実家とも協力して完成させた。

 昭和二十二年(1947年)に寛次郎の詞「火の誓い」を棟方志功の板画で制作する。随筆「いのちの窓」を陶土に刻んだ陶板を完成させる。昭和三十年(1955年)に文化勲章を辞退する。人間国宝、芸術院会員への推挙があったが辞退する。昭和四十四(1966)年十一月十八日に河井寛次郎は逝去。七十六年の生涯を終えた。