井上茂美

概要

 井上成美(いのうえしげよし)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)十二月九日生誕 -昭和五十(1975)年十二月十五日薨去(八十六歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍大将。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)十二月九日に井上茂美は宮城県仙台市でブドウ園を経営する旧幕臣の父・井上嘉矩の十一男として誕生する。

 明治三十九(1906)年十月三十一日に海軍兵学校合格により、宮城県立第二中学校を5年生で中退する。明治四十二(1909)年十一月十九日に海軍兵学校を卒業する。卒業時成績順位は179名中2番。明治四十三(1910)年十二月十五日に海軍少尉に任官する。

 明治四十五(1912)年十二月一日に海軍中尉に進級する。大正四(1915)年十二月十三日に海軍大尉に進級する。戦艦「扶桑」の分隊長に就任する。大正五(1916)年十二月一日に海軍大学校乙種学生となる。

 大正七(1918)年十二月一日にスイス駐在となる。大正九(1920)年九月一日にフランス駐在となる。大正十(1921)年十二月一日に海軍少佐に進級する。大正十一(1922)年十二月一日に海軍大学校甲種学生となる。

 大正十三(1924)年十二月一日に海軍大学校甲種学生を卒業する。海軍省軍務局局員となる。大正十四(1925)年十二月一日に海軍中佐に進級する。昭和二(1927)年十月一日に海軍軍令部出仕となる。同年十一月一日に 在イタリア日本大使館附海軍駐在武官兼艦政本部造船造兵監督官兼航空本部造兵監督官に就任する。

 昭和四(1929)年八月一日に海軍大佐に進級する。昭和五(1930)年一月十日に海軍大学校教官に就任する。昭和八(1933)年十一月十五日に 練習戦艦「比叡」艦長に就任する。昭和十(1935)年十一月十五日に海軍少将に進級する。横須賀鎮守府参謀長に就任する。

 昭和十四(1939)年十一月十五日に海軍中将に進級する。昭和十五(1940)年十月一日に海軍航空本部長に就任する。昭和十六(1941)年八月十一日に第四艦隊司令長官に親補される。

 昭和十七(1941)年十月二十六日に海軍兵学校長に就任する。昭和十九(1944)年八月五日に海軍次官に就任する。昭和二十(1945)年五月十五日に海軍大将に親任される。軍事参議官に親補される。同年十月十五日に予備役編入となる。昭和五十(1975)年十二月十五日に井上茂美は薨去。八十六年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ