栗田健男

概要

 栗田健男(くりたたけお)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月二十八日生誕 – 昭和五十二(1977)年十二月十九日逝去(八十八歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍中将。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月二十八日に栗田健男は茨城県水戸市で漢学者の父・栗田勤の次男として誕生する。

 水戸中学校(現、茨城県立水戸第一高等学校)を卒業後、海軍兵学校に入学する。明治四十三(1910)年七月十八日に海軍兵学校を卒業する(38期)。明治四十四(1911)年十二月に海軍少尉に任官する。

 大正二(1913)年十二月に海軍中尉に進級する。大正五(1916)年十二月に 海軍大尉に進級する。大正六(1917)年十二月に海軍大学校乙種学生となる。大正七(1918)年十二月に水雷学校高等科学生を卒業する。駆逐艦「峯風」水雷長に就任する。

 大正十(1921)年八月に駆逐艦「追風」艦長に就任する。同年九月に第四戦隊参謀となる。大正十一(1922)年十二月に海軍少佐に進級する。昭和二(1927)年十二月に海軍中佐に進級する。昭和七(1932)年十二月一日に海軍大佐に進級する。

 昭和十二(1937)年十二月一日に 戦艦「金剛」の艦長に就任する。昭和十三(1938)年十一月十五日に海軍少将に進級する。昭和十七(1942)年五月一日に海軍中将に進級する。昭和十八(1943)年八月に第二艦隊司令長官に親補される。

 昭和十九(1944)年十月十八日に捷一号作戦が発動された。栗田はレイテ沖海戦で第一遊撃部隊を指揮する。レイテ湾突入に向かうが、敵機動部隊を撃つとして反転する。結局作戦目的を果たせず帰投した。

 昭和二十(1945)年一月十五日に海軍兵学校長に親補される。栗田は最後の海軍兵学校長となる。昭和五十二(1977)年十二月十九日に栗田健男は逝去。八十八年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ