山下太郎

概要

 山下太郎(やましたたろう)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月二十四日生誕- 昭和四十二(1967)年六月九日薨去(七十八歳)は、実業家。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)四月二十四日に山下太郎は秋田県平鹿郡大森村(現、秋田県横手市)で父・近藤正治母・みつの長男として誕生する。祖父母にあたる山下太惣吉・ひさ夫妻の養子となり、山下姓を名乗る。

 明治四十二(1909)年三月に北海道帝国大学農芸学科を卒業する。道産品のアメやバターの改良を手がけたりしながら、従兄の山下九郎とともにオブラートの新しい製法を発明して特許を得る。

 大正三年(1914年)に日本鋼管社長の白石元三郎の後援を得て山元オブラート株式会社を設立する。会社は黒字となったが、山下は海外貿易に意欲を示して資金調達のため5,000円で権利を売却する。

 友人の渋沢正雄が1トン当たり1,075円で1万トンの鉄材購入契約を行ったが、第一次世界大戦後の恐慌で1トン当たり75円に暴落して連帯責任者として大負債を負う。破産の状態であったが、満鉄経営に新体制が敷かれ、旧知の松岡洋右や永野護が着任したことで山下商店は破産を回避する。

 昭和十一年(1936年)に故郷の秋田県大森町に山下学館を寄贈する。昭和二十(1945)年八月十五日の太平洋戦争敗戦で在外資産はすべて没収される。終戦までの20年間にわたって郷里の大森町に奨学金を寄付しつづけた。

 昭和三十一年(1956年)に日本輸出石油株式会社を創立する。昭和三十二年(1957年)にペルシャ湾海底油田の開発利権を獲得する。昭和三十三年(1958年)に「アラビア石油株式会社」を創立する。

 苦心して採掘権を得て設立したアラビア石油は昭和三十五(1960)年一月三十一日に、1回目のボーリングで大規模海底油田のカフジ油田(日産1,000kl)を発見する。世界第1級の大噴油について「アラビア太郎、100万ドルの笑顔」と世界中で報道された。昭和四十二(1967)年六月九日に山下太郎は薨去。七十八年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ