柳宗悦

概要

 柳宗悦(やなぎむねよし)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月二十一日生誕 -昭和三十六(1961)年五月三日逝去(七十二歳)は、民藝運動を起こした思想家、美学者、宗教哲学者。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月二十一日に柳宗悦は東京府麻布区市兵衛町二丁目で海軍少将の父・柳楢悦と母・勝子の三男として誕生する。

 学習院高等科を経て東京帝国大学文科大学に入学して、大正二年(1913年)に東京帝国大学文科大学哲学科心理学専修を卒業する。ウォルト・ホイットマンの「直観」を重視する思想に影響を受けて、芸術と宗教に立脚する独特な柳思想の基礎となる。

 大正三年(1914年)に声楽家の中島兼子と結婚する。母・勝子の弟の嘉納治五郎が千葉県我孫子に別荘を構えており、宗悦は我孫子へ転居する。我孫子には志賀直哉、武者小路実篤ら白樺派の面々が移住して旺盛な創作活動を行う。陶芸家の濱田庄司との交友は我孫子ではじまる。

 白樺派では、西洋美術を紹介する美術館を建設しようとする動きがあり、宗悦たちはそのための作品蒐集をした。フランスの彫刻家ロダンと文通して、日本の浮世絵と交換でロダンの彫刻を入手する。

 朝鮮の小学校で教鞭をとっていた浅川伯教が、ロダンの彫刻を見に宗悦の家を訪ねてくる。浅川が手土産に持参した「染付秋草文面取壺」を見て宗悦は朝鮮の工芸品に心魅かれる。

 大正八年(1919年)に東洋大学教授に就任する。大正十二(1923)年九月一日の関東大震災を機に京都へ転居する。同社大学、同社女学校専門学部、関西学院の講師に就任する。

 木喰仏に注目し、大正十三年(1924年)から全国の木喰仏調査を行う。民衆の暮らしのなかから生まれた美の世界を紹介するため、大正十四年(1925年)から「民藝」の言葉を用いる。大正十五年(1926年)に柳宗悦と陶芸家の富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎の四人の連名で「日本民藝美術館設立趣意書」を発表する。

 昭和十一年(1936年)に実業家の大原孫三郎の支援によって、東京駒場に日本民藝館が開設され、柳宗悦が初代館長となる。昭和三十二年(1957年)に文化功労者に選定される。昭和三十六(1961)年五月三日に柳宗悦は逝去。七十二年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

堤康次郎

概要

 堤康次郎(つつみやすじろう)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月七日生誕 -昭和三十九(1964)年四月二十六日薨去(七十五歳)は、実業家、政治家。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月七日に堤康次郎は滋賀県愛知郡八木荘村大字下八木(現、滋賀県愛知郡愛荘町)で農業兼麻仲買商の父・堤猶次郎と母・みをの長男として誕生する。

明治三十五(1902)年三月に八木荘小学校高等科を卒業する。農業に従事する。明治三十九年(1906年に京都の海軍予備学校へ入学する。明治四十年(1907年)に海軍予備校を卒業する。郡役所に勤める。

 明治四十二年(1909年)に上京して早稲田大学政治経済学部に入学する。大正二(1913)年三月に早稲田大学政治経済学部を卒業する。同年、雑誌『新日本』を経営する。大正四年(1915年)に『新日本』の経営に失敗する。

 大正五(1916)年四月に千代田ゴム株式会社の専務となる。大正六年(1917年)に東京ゴムを設立する。大正八年(1919年)に箱根開発に着手する。強羅に10万坪の土地を買う。大正九(1920)年三月に箱根土地株式会社を設立する。箱根、軽井沢の開発を行う。目白文化村の分譲を行う。

 大正十二(1923)年十二月に駿豆鉄道を経営する。関東大震災後に富豪や華族のもっていた大邸宅の分譲を行う。渋谷百軒店を開設する。大正十三年(1924年)に衆議院議員に当選する。

 昭和七(1932)年六月に斎藤実内閣で拓務政務次官に就任する。昭和二十一(1946)年一月に公職追放となる。昭和二十六(1951)年八月に追放解除となる。昭和二十八(1953)五月に衆議院議長に就任する。昭和三十九(1964)年四月二十六日に堤康次郎は薨去。七十五年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

和辻哲郎

概要

和辻哲郎(わつじてつろう)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月一日生誕-昭和三十五(1960)年十二月二十六日逝去(七十一歳)は、哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)三月一日に和辻哲郎は兵庫県神崎郡砥堀村(とほりむら)仁豊野(にぶの)(現、兵庫県姫路市仁豊野)で医師の父・和辻瑞太郎と母・まさの子として誕生する。

 明治三十九年(1906年)に旧制姫路中学校(現、兵庫県立姫路西高校)を卒業する。同年、第一高等学校に入学する。明治四十二年(1909年)に第一高等学校を卒業する。同年、 東京帝国大学文科大学哲学科に入学する。

 明治四十五年(1912年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業する。同年、同大学院に進学する。同年に阿部次郎と安倍能成と交流が始まる。大正二年(1913年)に夏目漱石の漱石山房を訪れるようになる。

 大正六年(1917年)に奈良を旅行して古寺を巡る。 大正八年(1919年)に『古寺巡礼』を出版する。大正九年(1920年)に東洋大学講師に就任する。大正十一年(1922年)に法政大学教授に就任する。

 大正十四年(1923年)に京都帝国大学助教授に就任する。京都市左京区に転居する。昭和二年(1927年)から昭和三年(1928年)までドイツ留学をする。昭和六年(1931年)に京都帝国大学教授に就任する。

 昭和七年(1932年)に大谷大学教授を兼任する。同年、京都大学より文学博士号を「原始仏教の実践哲学」により取得する。昭和九年(1934年)に東京帝国大学文学部倫理学講座教授に就任する。東京市本郷区に転居する。昭和二十四年(1949年)に定年退官となる。日本学士院会員となる。

 昭和三十年(1955年)に文化勲章を受章する。昭和三十五(1960)年十二月二十六日に和辻哲郎は逝去。七十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

石原莞爾

概要

 石原莞爾(いしわらかんじ)明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)一月十八日生誕- 昭和二十四(1949)年八月十五日逝去(六十歳)陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。

経歴

 明治二十二(1889)年己丑(つちのとうし26)一月十八日に石原莞爾は山形県西田川郡鶴岡(現、山形県鶴岡市)で飯能警察署長の父・石原啓介と母・カネイの三男として誕生する。

 明治三十五(1902)年九月に仙台陸軍地方幼年学校に入校する。明治三十八(1905)九月に東京陸軍中央幼年学校に入校する。明治四十(1907)年五月に東京陸軍中央幼年学校を卒業する。同年十二月に陸軍士官学校に入学する。

 明治四十二(1909)年五月二十七日に陸軍士官学校を卒業する。同年十二月二十五日に陸軍歩兵少尉に任官する。大正二(1913)二月に陸軍歩兵中尉に進級する。大正四(1915)年十一月に陸軍大学校に入校する。

 大正七(1918)年十一月に陸軍大学校を卒業する。大正八(1919)年四月に陸軍歩兵大尉に進級する。歩兵第65連隊中隊長に就任する。大正八(1919)年四月に中支那派遣隊司令部附となる。国柱会会員となる。

 大正十一(1922)年九月にドイツ駐在となる。大正十三(1924)年八月に陸軍歩兵少佐に進級する。大正十四(1925)年十月に 陸軍大学校教官になり、古戦史を担当する。昭和三(1928)年八月に陸軍歩兵中佐に進級する。

 昭和六(1931)年九月十八日に満州事変が勃発する。東北三省の制圧を指揮する。同年十月五日に関東軍作戦課長に就任する。昭和七(1932)年八月八日に陸軍歩兵大佐に進級する。昭和十(1935)年八月一日に参謀本部作戦課長に就任する。

 昭和十二(1937)年三月一日に陸軍少将に進級する。参謀本部第1部長に就任する。昭和十四(1939)年八月一日に陸軍中将に進級する。同年八月三十日に第16師団長に就任する。

 昭和十六(1941)年三月三十一日に予備役編入となる。同年四月に立命館大学講師となる。同年九月に 立命館大学講師を辞職する。昭和二十四(1949)年八月十五日に石原莞爾は逝去。六十年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

菊池寛

概要

 菊池寛(きくちかん)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十二月二十六日生誕 -昭和二十三(1948)年三月六日逝去(五十九歳)は、小説家、劇作家、ジャーナリスト、実業家。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十二月二十六日に菊池寛は香川県香川郡高松市七番丁で父・菊池武脩(たけなが)と母・カツの四男として誕生する。

 明治三十六年(1903年)に高松中学校に入学する。中学3年の時、高松に初めて図書館ができるとここに通って本を読み耽り、2万冊の蔵書のうち、興味のあるものはすべて借りた。

 高松中学校を卒業すると、東京高等師範学校に入学する。教師になる気がなく授業を受けず除籍処分となる。文学の道を志し第一高等学校の受験の準備をする。明治四十三年(1910年)に第一高等学校第一部乙類に入学する。同期入学に芥川龍之介、久米正雄がいた。

 第一高等学校卒業直前に、盗品と知らずマントを質入れするマント事件が原因となり退学する。その後、京都帝国大学文学部英文科に入学する。大正五(1916)年七月に京都帝国大学を卒業する。上京して、芥川、久米と夏目漱石の木曜会に出席する。

 時事新報社会部記者となるが、同社を退社して執筆活動に専念する。翌年大阪毎日新聞・東京毎日新聞に連載した「真珠夫人」が大評判となり人気作家となる。

 大正十二(1923)年一月に、若い作家のために雑誌『文藝春秋』を創刊する。昭和十年(1935年)に新人作家を顕彰する「芥川龍之介賞」「直木三十五賞」を設立する。

 昭和十三年(1938年)に内閣情報部は作家を動員して従軍(ペン部隊)するよう命令する。菊池は「文芸銃後運動」をはじめる。これは作家たちが昼間は全国各地の陸海軍病院に慰問し、夜は講演会を開くというものだった。昭和十八年(1943年)に映画会社「大映」の社長に就任して、国策映画作りに奮迅する。

 昭和二十二年(1947年)にGHQから公職追放の指令が下される。昭和二十三(1948)年三月六日に菊池寛は逝去。五十九年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

石田退三

概要

石田退三(いしだたいぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十一月十六日生誕 -昭和五十四(1979)年九月十八日薨去(九十歳)は、実業家。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)十一月十六日に石田退三は愛知県知多郡小鈴谷村字大谷(現、愛知県常滑市)で農家の父・澤田徳三郎の五男として誕生する。

 父親を早くになくし、遠戚に当たる児玉一造(豊田佐吉と親交があり、弟は佐吉の婿養子となる豊田利三郎)の支援で滋賀県立第一中学校(現、滋賀県立彦根東高等学校)を卒業する。

 児玉の紹介で「服部商店」(現、興和)に入社して上海駐在中に豊田佐吉と出会う。店主・服部兼三郎の急逝後に豊田紡織(現、トヨタ紡織)に入社する。

 豊田自動織機製作所自動車部発足後、豊田紡織の監査役となる。自動車部のピストンリングを探して欲しいと頼まれたときに本田宗一郎と出会い、ピストンリング製作の下請けを依頼する。

 戦後の経営危機の中、豊田自動織機はすぐに経営が安定した。昭和二十五年(1950年)にトヨタ自動車工業社長を兼務する。朝鮮戦争勃発により急速に業績が回復する。

 昭和三十六(1961)年八月に会長に就任する。昭和四十六(1971)年一月に相談役に就任する。昭和五十四(1979)年九月十八日に石田退三は薨去。九十年の生涯を終えた。 


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

大内兵衛

概要

 大内兵衛(おおうちひょうえ)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)八月二十九日生誕 -昭和五十五(1980)年五月一日逝去(九十一歳)は、マルクス経済学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)八月二十九日に大内兵衛は兵庫県三原郡高田村(現、兵庫県南あわじ市松帆脇田)で誕生する。

 洲本中学校、第五高等学校を経て、大正二年(1913年)に 東京帝国大学法科大学経済学科を首席で卒業する。同年、大蔵省に入省する。大正八年(1919年)に 東京帝国大学経済学部助教授に就任する。大正十二年(1923年)に 東京帝国大学経済学部教授に就任する。

 昭和二十二年(1947年)「財政学大綱」で 経済学博士の学位を取得する。昭和二十四年(1949年)に 東京大学を定年退官する。昭和二十五年(1950年)に 法政大学総長に就任する。昭和三十四年(1959年)に 法政大学総長を退任する。経済理論学会代表幹事に就任する。昭和五十五(1980)年五月一日に大内兵衛は逝去。九十一年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

里見弴

概要

 里見弴(さとみとん)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)七月十四日生誕 -昭和五十八(1983)年一月二十一日逝去(九十四歳)は、小説家。本名は山内英夫(やまのうちひでお)。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)七月十四日に里見弴は神奈川県横浜市で実業家の父・有島武と母・幸子の四男として誕生する。誕生する直前に母方の叔父の山内英郎が死去したため、出生直後にその養子となり山内英夫と名乗る。有島家の実父母の元で他の兄弟と同様に育てられる。

 明治三十三年(1900年)に学習院中等科に入学する。学習院高等科を経て東京帝国大学文学部英文科に入学する。同校を退校して、イギリス人のバーナード・リーチからエッチングを学ぶ。

 明治四十三(1910)年四月に志賀直哉や武者小路実篤らが創刊した雑誌『白樺』に有島武郎と有島生馬の2人の兄と共に同人として参加する。ペンネームを里見弴とする。志賀の『暗夜行路』冒頭に出てくる友人・阪口は、里見弴がモデルである。

 昭和二十年(1945年)に川端康成らと鎌倉文庫創設に参加する。昭和二十二年(1947年)に日本芸術院会員となる。大船の撮影所にもよく出入りし、小津安二郎監督と組んでいくつかの映画の製作にもかかわる。歌舞伎、新派、文学座など、原作や戯曲や演出を行う。昭和三十四年(1959年)に文化勲章を受章する。昭和五十八(1983)年一月二十一日に里見弴は逝去。九十四年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

小泉信三

概要

 小泉信三(こいずみしんぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)五月四日生誕 -昭和四十一(1966)年五月十一日薨去(七十八歳)は、経済学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)五月四日に東京府東京市芝区で旧紀州藩士の父・小泉信吉と母・千賀の第三子として誕生する。

 明治四十三年(1910年)に慶応義塾大学政治科を卒業して慶應義塾の教員となる。大正元(1912)年九月に研究のためヨーロッパへ留学する。大正五年(1916年)に帰国して慶應義塾大学教授に就任する。デヴィッド・リカードの自由貿易を擁護する経済理論を講義する。

 昭和八年(1933年)に慶應義塾長に就任する。昭和九年(1934年)に「『リカアドオ』研究」で慶應義塾経済学博士の学位を取得する。昭和二十二年(1947年)に慶應義塾長を任期満了で退任する。

 昭和二十四年(1949年)に、東宮御教育常時参与に就き、皇太子明仁親王(平成天皇、現在の上皇)の教育掛として帝王学を講義する。昭和三十四(1959)年十一月に文化勲章を受章する。昭和四十一(1966)年五月十一日に小泉信三は薨去。七十八年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

九鬼周三

概要

 九鬼周造(くきしゅうぞう)明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)二月十五日生誕 -昭和十六(1941)五月六日逝去(五十三歳)は、哲学者。

経歴

 明治二十一(1888)年戊子(つちのえね25)二月十五日に九鬼周三は東京府東京市で文部官僚で男爵の父・九鬼隆一と母・波津子の四男として誕生する。

 明治三十七年(1904年)に東京高等師範学校附属中学校(現、筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業する。第一高等学校を経て東京帝国大学文科大学哲学科を卒業する。卒業後、ヨーロッパ諸国へ足かけ8年間留学する。マルティン・ハイデッガーから現象学を学ぶ。

 昭和四年(1929年)に帰国して京都帝国大学講師に就任する。昭和五年(1930年)に『「いき」の構造』を発表する。昭和七年(1932年)に博士論文「偶然性」を提出し京都帝国大学文学博士の学位を取得する。昭和十年(1935年)に京都帝国大学西洋近世哲学史講座の教授となる。

昭和十六(1941)五月六日に九鬼周三は腹膜炎により逝去。五十三年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ