平沼騏一郎

概要

平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)慶応三年丁卯(ひのとう4)九月二十八日(1867年10月25日)生誕-昭和二十七(1952)年八月二十二日薨去(八十四歳)は、司法官僚、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等男爵。学位は法学博士。号は機外。

経歴

 慶応三年丁卯(ひのとう4)九月二十八日(1867年10月25日)に津山城下南新座(のちの岡山県津山市)で津山藩士の父・平沼晋の次男として誕生。

 明治四年(1872年)に上京して同郷の箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の三叉学舎(さんさがくしゃ)にて英語・漢文・算術を学ぶ。明治十一(1878年)に東京大学予備門入学する。明治二十一年(1888年)に帝国大学法科大学(のちの東京帝国大学法科大学、戦後の東京大学法学部)を卒業する。

 明治四十(1907)年三月に鈴木喜三郎とともに司法制度の取調のため欧米各国に派遣される。明治四十一年(1908年)に刑法改正(現行刑法制定)を機に設置された犯罪者の前科を記録するための方法を検討する「犯罪人異同識別法取調会」の中心メンバーとなる。平沼の報告書に基づいて、指紋による前科登録が導入される事となる。

 明治四十三年(1910年)の幸徳事件(大逆事件)で検事として幸徳秋水らに死刑を求刑した。この裁判は「暗黒裁判」として今でも批判があるが、当時の左翼思想に対する危機感・恐怖感を考慮しなければならないという指摘もある。

 昭和十四(1939)年一月五日に平沼騏一郎内閣が発足。基本的に第一次近衛内閣の後継内閣としての性格がつよく、政策・人事の大部分を引き継ぐとともに、枢密院に転じた近衛文麿自身も班列(無任所大臣)として残留してこれに協力した。

 昭和十四(1939)年八月二十日にノモンハンで日本軍が記録的大敗を喫する国境紛争がおきた(ノモハン事件)。軍事同盟をドイツと討議していた平沼は、日本政府を無視した容共姿勢に転換したドイツのやり方に驚き呆れ同年八月二十八日に内閣総辞職した。

 昭和十五(1940)七月二十二日発足の第二次近衛内閣で平沼を無任所国務相として閣内に迎えた後、新体制推進派を閣外に追放、皇道派軍人の大物である柳川平助を司法相、平沼を内務相とした。昭和二十(1945)年四月に首相となった鈴木貫太郎の後をついで枢密院議長となった。

 太平洋戦争後、A級戦犯として東京裁判で修身禁錮を宣告された。昭和二十七(1952)年八月二十二日に平沼騏一郎は薨去。八十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定