一木喜徳郎

概要

 一木喜德郞(いっき / いつき / いちき きとくろう)慶応三年丁卯(ひのとう4)四月四日(1867年5月7日)生誕 -昭和十九(1944)年十二月十七日薨去(七十七歳)は、内務官僚、法学者(公法学)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位男爵。旧氏名は岡田丘平。号は梁舟。

経歴

 慶応三年丁卯(ひのとう4)四月四日(1867年5月7日)に遠江国佐野郡倉真村(現在の静岡県掛川市)で岡田良一郎の二男として誕生。初名は岡田丘平。明治六年(1873年)に一木家の養子となる。

 冀北学舎(きほくがくしゃ:現、静岡県立掛川西高等学校)に学び、兄の岡田良平が東京府第一中学を経て大学予備門に在学しているのに触発され上京し成立學舎(せいりつがくしゃ)に入学。

 大学予備門には良平のアドバイスに従い最低級の三年級ではなく一級上の二年級から入る。その後、帝国大学文科大学にあった政治科に入学。明治二十年(1887年)に帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)卒業。

 明治二十年(1887年)に内務省に入省。明治二十三年(1890年)に自費でドイツに留学して行政法を学ぶ。明治二十七年(1894年)に帰国して帝国大学法科大学教授となる。法科大学教授(憲法国法第一講座担当)とともに、明治三十三(1900年)十月まで内務省に勤め、大臣官房文書課、県治局員、参事官、参与官を歴任する。明治三十九年(1906年)に帝国学士院会員となる。法学者として天皇機関説を唱えるとともに、美濃部達吉らを育てた。

 明治三十三(1900年)年九月二十六日に勅撰議員として貴族院議員に就任。明治三十五(1902年)に法制局長官に就任する。大正三年(1914年)に第二次大隈内閣で文部大臣に就任する。大正四年(1915年)に内務大臣に就任する。

大正六(1917)年八月十四日に枢密顧問官に就任。それにともない貴族院議員を辞職した。大正十四年(1925年)に、宮内大臣に就任。昭和八(1933)年四月十五日に多年の功により男爵に叙される。

昭和九年(1934年)に枢密院議長に就任する。枢密院議長在任中、天皇機関説の提唱者として、弟子である美濃部達吉とともに非難される。一木との政治抗争にあった平沼騏一郎の政略であったとも云われている。昭和十一(1936)二月二十六日の二・二六事件で内大臣・斎藤実が殺害されると、後任が決定するまでの1日間のみ内大臣臨時代理を務めている。なお事件中は宮中において昭和天皇の相談相手を務め、事件終息に尽力した。

 昭和十九(1944)年十二月十七日に一木喜徳郎は薨去。七十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定