吉田増蔵

概要

 吉田増蔵(よしだますぞう)慶応二年丙寅(ひのえとら3)十一月二十三日(1866年12月29日)生誕 -昭和十六(1941)十二月十九日逝去(七十四歳)は漢学者。昭和の元号の考案者。号は学軒。

経歴

 慶応二年丙寅(ひのえとら3)十一月二十三日(1866年12月29日)に福岡県京都郡勝山町(現:福岡県京都郡みやこ町勝山)で誕生。

 村上仏山の漢学塾・水哉園にて学び、漢詩文に抜群の才能を発揮する。京都帝大で支那哲学を専攻した後に、英語を学びアメリカに渡る。帰国後は、更に漢学・漢詩に力を注ぎ、奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)、山口県立豊浦中学校(現豊浦高等学校)に教員として勤務する。

 大正九年(1920年)に宮内省図書寮の編修官となり、当時、宮内省帝室博物館総長兼図書頭であった森鴎外と親交を深める。鴎外の遺言書には、所蔵する和漢の蔵書を「吉田増蔵君に贈るべし。吉田君の外善く之を用ふるものなし」と綴られており、鴎外が没後、元号研究は吉田に引き継がれ、遺著『元号考』を完成させた。

 宮内大臣・一木 喜德郞(いっき / いつき / いちき きとくろう)は吉田に元号勘文(かんもん)を命じた。選定にあたり一木が吉田に示した要件は「日本のほか、中国、東アジアを含む過去の元号と重複しない」「国家の理想を表徴する」「古典を典拠とする」「親しみやすい音である」「字画が簡明平易」であったという。

 吉田は初案として「神化」「元化」「昭和」「神和」「同和」「継明」「順明」「明保」「寛安」「元安」の十案を提示、最終的に書経の一節「百姓昭明」「協和萬邦」の二字をとった「昭和」を第一候補、次いで神化、元化とする案を作成し西園寺公望の意見を聞き、若槻礼次郎に提出した。大正十五(1926)年十二月二十五日に、大正天皇が崩御すると、若槻首相が「昭和」の元号を考案勘申、その案が枢密院全員審査委員会にて採択決定された。

 「国民の平穏な暮らしと世界各国の共存共栄を願う」といった意味が込められていた昭和であったが、その願いとは裏腹に、日本時間12月8日月曜日午前4時20分(ワシントン時間12月7日午後2時20分)に、来栖三郎特命全権大使と野村吉三郎大使がコーデル・ハル国務長官に交渉打ち切りを通告する『対米覚書』を手交。日本海軍の真珠湾奇襲攻撃により太平洋戦争が勃発した。

 昭和十六(1941)十二月十九日に吉田増蔵は逝去。七十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定