森鷗外

概要

 森鷗外(もりおうがい)文久二年壬戌(みずのえいぬ59)一月十九日(1862年2月17日)生誕 -大正十一(1922)年七月九日薨去(六十歳)は、明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監:中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲位は従二位勲一等功三級。医学博士、文学博士。本名は森林太郎(もりりんたろう)。

経歴

 文久二年壬戌(みずのえいぬ59)一月十九日(1862年2月17日)に石見国鹿足郡津和野町田村(現・島根県津和野町町田)で誕生。森家では、代々津和野藩の典医を務める家系だった。

 藩医家の嫡男として、幼いころから論語や孟子、オランダ語などを学び、養老館で四書五経を復読した。明治五年(1872年)に廃藩置県などをきっかけに十歳で父と上京。現在の墨田区東向島に住む。東京では、官立医学校(ドイツ人教官がドイツ語で講義)への入学に備えてドイツ語を習得するため、同年十月に私塾の進文学社に入った。その際に通学の便から、政府高官の親族・西周の邸宅に一時期寄宿した。翌年、残る家族も住居などを売却して津和野を離れ、父が経営する医院のある千住に移り住む。

 明治十六(1873)十一月に入校試問を受け、「第一大学区医学校・東京医学校(現・東京大学医学部)予科に十二歳で入学する。定員30人の本科「第一大学区医学校・東京医学校(現・東京大学医学部)に進むと、ドイツ人教官たちの講義を受ける一方で、漢方医書を読み、また文学を乱読し、漢詩・漢文に傾倒し、和歌も作っていた。

 明治十四(1881)年七月四日に十九歳で本科を卒業。文部省派遣留学生としてドイツに行く希望を持ちながら、父の病院を手伝っていた。鷗外は、同年十二月十六日に陸軍軍医副(中尉相当)になり、東京陸軍病院に勤務した。入省して半年後の明治十五(1882)五月に東京大学医学部卒業の同期8名の中で最初の軍医本部付となる。

 明治十七(1884)年六月に衛生学を修めるとともにドイツ帝国陸軍の衛生制度を調べるため、ドイツ留学を命じられた。同年八月十四日に陸軍省派遣留学生として横浜港から出国し、同年十月七日にフランスのマルセイユ港に到着。同年十月十一日に首都ベルリンに入った。

 明治二十一(1888)年七月五日に鷗外はベルリンを発ち、帰国の途についた。同年九月八日に横浜港に着き、午後帰京。同日付で陸軍軍医学舎の教官に補され、同年十一月に陸軍大学校教官の兼補を命じられた。

 明治三十二(1899)年六月に軍医監(小将相当)に昇進し、東京(東部)・大阪(中部)とともに都督部が置かれていた小倉(西部)の第十二師団軍医部長に「左遷」された(1899年6月19日-1902年3月26日)。19世紀末から新世紀の初頭を過ごした小倉時代には、歴史観と近代観にかかわる一連の随筆などが書かれた。

 明治四十(1907)年十月に陸軍軍医総監(中将相当)に昇進し、陸軍省医務局長(人事権を持つ軍医のトップ)に就任した。明治四十三年(1910年)に慶応義塾大学の文学科顧問に就任。教授職に永井荷風を推薦し、慶應義塾大学幹事の石田新太郎の主導により、上田敏を顧問に、永井荷風を主幹にして、「三田文學」を創刊した。

 大正十一(1922)年七月九日に森鷗外は薨去。六十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定