牧野伸顕

概要

 牧野伸顕(まきののぶあき)文久元年辛酉(かのととり58)十月二十二日(1861年11月24日)生誕 -昭和二十四(1948)年一月二十五日薨去(八十七歳)は、政治家。位階勲等爵位は従一位勲一等伯爵。名はシンケンと通称されることもある。以前の諱は是利(これとし)。

経歴

 文久元年辛酉(かのととり58)十月二十二日(1861年11月24日)に薩摩国鹿児島城下加治屋町猫之薬師小路で父の薩摩藩士・大久保一蔵(利通)と母・満寿子の次男として誕生。生後間もなく父・利通の義理の従兄弟にあたる牧野吉之丞の養子となる。慶応四年(1868年)に吉之丞が戊辰戦争における北越戦争(新潟)で戦死したため、名字が牧野のまま大久保家で育つ。

 明治四年(1871年)に十一歳で父や兄とともに岩倉使節団に加わって渡米し、フィラデルフィアの中学を経て明治七年(1874年)に帰国して開成学校(後の東京帝国大学)に入学する。

 明治十三年(1880年)に東京大学を中退して外務省に入省する。ロンドン大使館に赴任し、憲法調査のため渡欧していた伊藤博文と知りあう。帰国後、太政官権小書記官、法制局参事官、兵庫県大書記官、黒田清隆首相秘書官、福井県知事、茨城県知事、文部次官、在イタリア公使、オーストリア公使等を歴任した。

 牧野は第一次西園寺内閣で文部大臣に就任。第二次西園寺内閣で農商務大臣に就任。その後枢密顧問官に転じた後、第一次山本内閣で外務大臣に就任した。牧野は初期の政友会と関係の深い官僚政治家となり、対外協調的な外交姿勢と英米型自由主義による政治姿勢を基調とし、一方では薩摩閥により広く政界、外交界、宮中筋と通じるという、独自の地位を築きあげた。大正三(1914)年三月三十一日に貴族院勅撰議員に任じられる。

 大正十(1921)年二月十九日に牧野は宮内大臣に就任した。大正十四年(1925年)に内大臣に転じ昭和十年(1935年)まで在任した。昭和十一年(1936年)の二・二六事件の折には親英米派の代表として湯河原の伊藤屋旅館別荘「光風荘」に宿泊していたところを襲撃されるが窮地を脱した。

 戦後も皇室と天皇の処遇に関心があり、GHQで憲法問題担当政治顧問のケネス・コールグルーヴと会談し情報を天皇に伝え、天皇謁見を依頼したり、東京に帰った明仁親王に幕末の外交談や留学談、英米の政治家の懐旧談を語った。昭和二十四(1948)年一月二十五日に牧野伸顕は薨去。八十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定