野村靖

概要

 野村靖(のむらやすし)天保十三年壬寅(みずのえとら39)八月六日(1842年9月10日)生誕 -明治四十二(1909)年一月十四日薨去(六十六歳)江戸時代末期の長州藩士、政治家。名は和作、靖之助とも。号を欲庵、香夢庵主。位階爵位は正二位子爵。

経歴

 天保十三年壬寅(みずのえとら39)八月六日(1842年9月10日)に長州藩の下級武士(足軽)入江嘉伝次の次男として誕生。兄・九一が入江氏を継承したため、親戚の野村氏を継承した。

 吉田松陰の松下村塾に入門して尊王攘夷に傾倒、老中・間部詮勝(まなべあきかつ)の暗殺計画が露見して兄と共に投獄される。文久二年(1862年)にイギリス公使館の焼き討ちに参加。第二次長州征討に参戦する。

 明治維新後、宮内大丞、外務大書記となり、岩倉使節団の一員として渡欧する。神奈川県権令及び県令・駅逓総監・逓信次官を歴任し、明治二十年(1887年)に子爵に叙せられる。明治二十一年(1888年)に枢密顧問官、明治二十四年(1891年)に駐仏公使を歴任した。

 明治二十七年(1894年)に第二次伊藤内閣の内務大臣に就任する。明治二十九(1896)年二月三日に辞任する。同年に第二次松方内閣の逓信大臣に就任する。

 明治四十二(1909)年一月十四日に野村靖は薨去。六十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定