伊藤博文

概要

 伊藤博文(いとうひろぶみ)天保十二年辛丑(かのとうし38)九月二日(1841年10月16日)生誕-明治四十二(1909)年十月二十六日薨去(六十八歳)は江戸時代末期の長州藩士。明治時代の政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。

経歴

 天保十二年辛丑(かのとうし38)九月二日(1841年10月16日)に周防国熊毛郡束荷村字野尻(現、山口県光市束荷字野尻)の百姓・林十蔵(のちに重蔵)の長男として誕生。母は秋山長左衛門の長女・琴子。嘉永二年(1849年)に父に呼び出され萩に移住した。父が長州藩の水井武兵衛の養子となり、武兵衛が安政元年(1854年)に周防佐波郡相畑村の足軽・伊藤弥右衛門の養子となって伊藤直右衛門と改名したため、十蔵・博文父子も足軽となった。

 安政四(1857)年二月に江戸湾警備のため相模に派遣されていたとき、上司として赴任してきた来原良蔵と昵懇となり、その紹介で吉田松陰の松下村塾に入門する。伊藤は友人の吉田稔麿の世話になったが、身分が低いため塾の敷居をまたぐことは許されず、戸外で立ったままの聴講に甘んじていた。

 文久三年(1863年)に井上馨の薦めで海外渡航を決意、五月十二日に井上馨・遠藤謹助・山尾庸三・野村弥吉(のちの井上勝)らとともに長州五傑の一人としてイギリスに渡航する。元治元(1864)年三月に米英仏蘭4国連合艦隊による長州藩攻撃が近いことを知ると、井上馨とともに急ぎ帰国した。

 元治元(1864)年十一月に長州藩が第一次長州征伐で幕府に恭順の姿勢を見せると、元治元年十二月十五日(1864年1月12日)に高杉らに従い力士隊を率いて挙兵した(功山寺挙兵(こうざんじきょへい)。このとき、高杉のもとに一番に駆けつけたのは伊藤だった。その後、奇兵隊も加わるなど各所で勢力を増やして俗論派を倒し、正義派が藩政を握った。

 明治維新後は伊藤博文と改名し、長州閥の有力者として、英語に堪能なことを買われて参与、外国事務局判事、大蔵少輔兼民部少輔、初代兵庫県知事(官選)、初代工部卿、宮内卿など明治政府のさまざまな要職を歴任する。これには木戸孝允の後ろ盾があり、井上馨や大隈重信とともに改革を進めることを見込まれていたからであった。

 明治四(1871)年十一月に岩倉使節団の副使として渡米。明治六(1873)年三月にはベルリンに渡り、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世に謁見。宰相ビスマルクとも会見し、ビスマルクから強い影響を受けた。

 明治十八(1885)年十二月の内閣制度移行に際し、誰が初代内閣総理大臣になるかが注目された。衆目の一致する所は、太政大臣として名目上ながらも政府のトップに立っていた三条実美と、大久保の死後事実上の宰相として明治政府を切り回し内閣制度を作り上げた伊藤だった。伊藤の盟友であった井上馨は「これからの総理は赤電報(外国電報)が読めなくてはだめだ」と口火を切り、山縣有朋が「そうすると伊藤君より他にはいないではないか」と賛成。英語力が決め手となって伊藤は初代内閣総理大臣となったのである。以後、伊藤は4度にわたって内閣総理大臣を務めることになる。

 明治四十二(1909)年十月二十六日に伊藤博文はロシア蔵相ココフツォフと満州・朝鮮問題について非公式に話し合うため訪れたハルビン駅で、大韓帝国の民族運動家・安重根によって射殺され薨去。六十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定