島津忠義

概要

 島津 忠義(しまづ ただよし)天保十一年庚子(かのえね37)四月二十一日(1840年5月22日)生誕-明治三十(1897)年十二月二十六日薨去(五十七歳)は、江戸時代末期の薩摩藩十二代藩主。島津氏二十九代当主。位階・勲等・爵位は従一位勲一等公爵。

経歴

 天保十一年庚子(かのえね37)四月二十一日(1840年5月22日)に島津氏分家の重富家当主・島津忠教(久光)の長男として生まれる。伯父・島津斉彬の養嗣子となり、安政五年(1858年)の斉彬没後、その遺言により跡を継ぐこととなった。

 十五代将軍・徳川慶喜が大政奉還した後、西郷隆盛・大久保利通・小松帯刀らの進言を容れ、薩摩藩兵3千を率いて上洛した。そして王政復古の大号令に貢献し、議定に任ぜられた。鳥羽伏見の戦いでは薩長軍が徳川幕府軍に大勝利を納めた。

 明治四年(1871年)の廃藩置県後は、公爵となった。以後、政府の命により東京に在住する。西南戦争時も東京に留まり、ほぼ関わらなかった。明治二十一年(1888年)に政府の許可を受け鹿児島に帰郷した。明治二十三年(1890年)に帝国議会開設と同時に貴族院公爵議員となる。

 明治三十(1897)年十二月二十六日薨去。五十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定