渋沢栄一

概要

 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち 旧字体:澁澤 榮一)天保十一年庚子(かのえね37)二月十三日(1840年3月16日)生誕 -昭和六(1931)年十一月十一日薨去(九十一歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代の官僚、実業家、慈善家。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。

経歴

 天保十一年庚子(かのえね37)二月十三日(1840年3月16日)に、武蔵国樺沢郡血洗島村(現、埼玉県深谷市血洗島)に父・渋沢市郎右衛門元助、母・エイの長男として誕生。幼名は栄二郎。のちに、栄一郎、篤太夫、篤太郎を名乗る。

 渋沢は七歳の時に従兄の尾高惇忠の許に通い、四書五経や「日本外史」を学ぶ。剣術は、大川平兵衛から神道無念流を学んだ。十九歳の時(1858年)に惇忠の妹・尾高千代と結婚、名を栄一郎と改める。文久元年(1861年)に江戸に出て海保漁村の門下生となる。北辰一刀流の千葉栄次郎の道場(お玉が池の千葉道場)に入門し、剣術修行の傍ら勤皇志士と交友を結ぶ。

 渋沢は京都に出るが、八月十八日の政変直後であったため、勤皇派が凋落した京都での志士活動に行き詰まり、江戸遊学の折より交際のあった一橋家家臣・平岡円四郎の推挙により一橋慶喜に仕えることになる。仕官中は一橋家領内を巡回し、農兵の募集に携わる。

 一橋慶喜が十五代将軍に就任すると渋沢は幕臣となる。慶応二年(1867年)にパリ万国博覧会に将軍の名代として出席する慶喜の異母弟・徳川昭武の随員として、フランスへと渡航する。パリ万博とヨーロッパ各国訪問を終えた後、昭武はパリに留学するものの、大政奉還に伴い、慶応四年九月四日(1868年10月19日)にマルセイユから帰国の途につき、同年十一月三日(同年12月16日)に横浜港に帰還した。

 渋沢は明治二年(1869年)一月に静岡で商法会所を設立した。ところが大隈重信に説得され、同年十月に大蔵省に入省することとなる。予算編成を巡って、大久保利通や大隈重信と対立し明治六(1873)年五月十四日に井上馨と共に退官した。

 渋沢は退官後間もなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行(のちの第一銀行ならびに第一国立銀行(後の第一勧業銀行。現、みずほ銀行)の頭取に就任し、以後は実業界に身を置く。

 渋沢は東京瓦斯、東京海上火災保険(現、東京海上日動火災保険、王子製紙(現、王子ホールディングス、日本製紙)、田園都市(現、東急)、帝国ホテル、麒麟麦酒(現、キリンホールディングス)、サッポロビール(現、サッポロホールディングス)など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上といわれている。

 昭和六(1931)年十一月十一日に渋沢栄一は薨去。九十一年の生涯を終えました。

著書


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定