高杉晋作

概要

 高杉 晋作(たかすぎ しんさく、天保十年己亥(つちのとい36)八月二十日(1839年9月27日)生誕-慶応三年四月十四日(1867年5月17日)逝去(二十七歳)は、江戸時代末期の長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍した。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。

経歴

 天保十年己亥(つちのとい36)八月二十日(1839年9月27日)に長門国萩城下菊屋横丁(現・山口県萩市)で長州藩士・高杉小忠太(大組・200石)とミチ(道子)の長男として誕生。下に3人の妹がいるが、男子は晋作のみであり、唯ひとりの跡取りとして大切に育てられた。

 漢学塾(吉松塾)を経て、嘉永五年(1852年)に藩校の明倫館に入学。柳生新陰流剣術も学び、のち免許を皆伝される。安政四年(1857年)に吉田松陰が主宰していた松下村塾に入る。

 文久元年(1861年)に海軍修練のため、藩の所蔵する軍艦「丙辰丸」に乗船して江戸へ渡る。同年八月に東北遊学を行い、佐久間象山、横井小楠とも交友する。文久二(1862)年五月に藩命で、五大友厚らとともに、幕府使節随行員として長崎から中国の上海へ渡航する。

 文久三年(1863年)五月十日、幕府が朝廷から要請されて制定した攘夷期限が過ぎると、長州藩は関門海峡において外国船砲撃を行うが、逆に米仏の報復に逢い惨敗する(下関戦争)。晋作は下関の防衛を任せられ、同年六月に身分に因らない志願兵による奇兵隊を結成する。

 慶応三年四月十四日(1867年5月17日)に高杉晋作は肺結核のため逝去。二十七年の生涯を終えました。

伝記・評伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定