安田善次郎

概要

 安田善次郎(やすだぜんじろう)天保九年戊戌(つちのえいぬ35)十月九日(1838年11月25日)生誕 -大正十(1921)年九月二十八日逝去(八十二歳)は実業家。茶人。幼名は岩次郎。号は松翁。安田財閥の祖。

経歴

 天保九年戊戌(つちのえいぬ35)十月九日(1838年11月25日)に富山藩下級武士の安田善悦の子として誕生。安田家は善悦の代に士分の株を買った半農半士であった。

 安政五年(1858年)に善次郎は、奉公人として江戸に出る。最初は玩具屋、鰹節屋兼両替商に勤めた。二十五歳で独立し、乾物と両替を商う安田商店を開業した。やがて安田銀行を設立し、その後には損保会社、生保会社等を次々と設立した。

 善次郎は自分の天職を金融業と定め、私的に事業を営むことを自ら戒めたが、同郷だった浅野総一郎の事業を支援するなど事業の育成を惜しむことはなかった。善次郎は、日本電気鉄道や帝国ホテルの設立発起人の参画、日銀の監事など、この時代の国家運営にも深く関わった。

 大正十(1921)年九月二十九日に神奈川県大磯町字北浜496にある別邸・寿楽庵に「弁護士・風間力衛(実名:神州義団団長を名乗る朝日平吾)」が現れ、労働ホテル建設について談合したいと申し入れた。善次郎は別邸の十二畳の応接間で朝日に短刀で切り付けられ逝去。八十二年の生涯を終えました。

伝記・評伝


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定