上野彦馬

概要

 上野彦馬(うえの ひこま)天保九年戊戌(つちのえいぬ35)八月二十七日(1838年10月15日)生誕 -明治三十七(1904)年五月二十二日逝去(六十五歳)は、江戸時代末期から明治時代の写真家(写真師)。日本における最初期の写真家で、日本最初の戦場カメラマン(従軍カメラマン)としても知られる。号は季渓。

経歴

 天保九年戊戌(つちのえいぬ35)八月二十七日(1838年10月15日)に、長崎銀屋町で蘭学者・上野俊之丞(しゅんのじょう)の次男として誕生。

 広瀬淡窓の私塾、咸宜園(かんぎえん)で2年間学び、咸宜園を離れた後の安政五年(1858年)に医学伝習所の中に新設された舎密試験所に入り、舎密学(化学)を学んだ。このとき、蘭書から写真湿板(しゃしんしっぱん)を知った。堀江鍬次郎(ほりえくわじろう)らと蘭書を頼りにその技術を習得、感光剤に用いられる化学薬品の自製に成功するなど、化学の視点から写真術の研究を深める。堀江とともに江戸に出て数々の写真を撮影した。文久二年(1862年)に堀江と共同で化学解説書『舎密局必携』を執筆する。

 文久二年(1862年)に故郷の長崎に戻り中島河畔で上野撮影局を開業した。日本における最初期の写真館であった。彦馬は日本における最初期の職業写真師である。同撮影局では幕末に活躍した若き志士や明治時代の高官、名士の肖像写真を数多く撮影した。

 明治七年(1874年)に金星の太陽面通過の観測写真を撮影(日本初の天体写真。明治十年(1877年)に西南戦争の戦跡を撮影(日本初の戦跡写真)、同年に開催された第1回内国勧業博覧会では鳳紋褒賞を受賞するなど、その写真は歴史的、文化的にも高く評価されている。

 明治三十七(1904)年五月二十二日に上野彦馬は六十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定