徳川慶喜

概要

徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)(旧字体:德川慶喜)天保八年丁酉(ひのととり34)九月二十九日(1837年10月28日)生誕-大正二(1913)年十一月二十二日薨去(七十六歳)は、江戸幕府第十五代征夷大将軍 在職:慶応二年十二月五日(1867年1月10日)‐ 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)。江戸幕府最後の将軍かつ日本史上最後の征夷大将軍。

 天保八年丁酉(ひのととり34)九月二十九日(1837年10月28日)に、江戸・小石川の水戸藩邸で第九代藩主・徳川斉昭の七男として誕生する。母は有栖川宮織仁親王(ありすがわのみやおりひとしんのう)王女・吉子女王。幼名は松平七郎麻呂(まつだいら しちろうまろ)。

 天保九年四月(1828年5月)(生後七か月)に江戸から水戸に移る。藩校・弘道館で会沢正志斎らに学問・武術を教授される。七郎麻呂の英邁さは当時から注目されていた。斉昭は他家の養子にせず長男・慶篤の控えとして暫時手許に置いておこうと考えていた。この間、七郎麻呂は松平昭致(まつだいらあきむね)と名乗る。

 弘化四年九月一日(1847年10月9日)に昭致は一橋家を相続する。同年十二月一日(1848年1月6日)に第十二代将軍・徳川家慶から偏諱を授かり徳川慶喜と名乗る。嘉永六年六月二十二日(1853年7月27日)に将軍・家慶が病死し、その跡を継いだ第十三代将軍・徳川家定は病弱で男子を儲ける見込みがなく将軍継嗣問題(しょうぐんけいしもんだい)が浮上する。慶喜を推す斉昭や阿部正弘、薩摩藩藩主・島津斉彬ら一橋派と、紀州藩主・徳川慶福を推す彦根藩主・井伊直弼や大奥の南紀派が対立した。

 阿部正弘・島津斉彬が相次いで死去すると一橋派は勢いを失い、安政五年(1858年)に大老となった井伊直弼が裁定して将軍継嗣は慶福(家茂)と決した。慶喜は翌、安政六年(1859年)に隠居謹慎処分が下る。

 安政七年三月三日(1860年3月24日)の桜田門外の変における井伊直弼の暗殺を受け、万延元年九月四日(1860年10月17日)に慶喜は謹慎を解除される。文久二年(1862年)に島津久光と勅使・大原重徳が薩摩藩兵を伴って江戸に入り、勅命を楯に幕府の首脳人事へ横車を押し介入する。文久二年七月六日(1862年8月1日)に慶喜を将軍後見職に、松平春嶽を政事総裁職に任命させることに成功した。

 慶応二年七月二十日(1866年8月29日)に第十四代将軍の徳川家茂が薨去する。慶喜は慶応二年十二月五日(1867年1月10日)に第十五代将軍に就任した。慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に慶喜は明治天皇に政権返上を奏上し、翌日勅許される(大政奉還)。

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇より「王政復古の大号令」が発せられ、江戸幕府が廃止される。慶喜を朝敵とする追討令が正式に下り、新政府軍が東征を開始する。慶喜は小栗忠順を初めとする抗戦派を抑えて朝廷への恭順を主張する。自らは上野の寛永寺大慈院において謹慎した。徳川宗家の家督は養子である田安亀之助(後の徳川家達)に譲る。

 明治二(1869)年九月に戊辰戦争の終結を受けて謹慎を解除され、引き続き駿府改め静岡に居住した。慶喜は政治的野心は全く持たず、潤沢な隠居手当を元手に写真・狩猟・投網・囲碁・謡曲など趣味に没頭する生活を送り「ケイキ様」と呼ばれて静岡の人々から親しまれた。

 明治三十年(1897)年十一月に東京の巣鴨に移り住む。翌年には有栖川宮 威仁親王(ありすがわのみや たけひとしんのう)の仲介により皇居となった旧江戸城に参内して明治天皇に拝謁した。

 大正二(1913)年十一月二十二日に徳川慶喜は七十六年の生涯を終えた。

伝記・評伝

徳川慶喜 (人物叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定