中曽根康弘

概要

 中曽根康弘(なかそねやすひろ) 大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)五月二十七日生誕 -令和元(2019)年十一月二十九日薨去(百一歳)は、政治家 。

経歴

  大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)五月二十七日に中曽根康弘は群馬県高崎市末広町で誕生する。

 昭和十三年(1938年)に静岡高等学校文科丙類(現、静岡大学)を卒業する。 昭和十六年(1941年)に東京帝国大学法学部政治学科を卒業する。内務省に入省する。海軍短期現役制度により海軍主計中尉に任官する。

 昭和二十二年(1947年)に第23回衆議院議員総選挙に立候補して、全国最年少(28歳)で初当選する。 昭和三十四年(1959年)に第2次岸改造内閣の科学技術庁長官として入閣する。原子力委員会の委員長に就任する。

 昭和五十七(1982)年十一月二十七日に第71代内閣総理大臣に就任する。 昭和六十二(1987)年十一月六日に竹下登を後継総裁に指名して退陣する。 令和元(2019)年十一月二十九日に中曽根康弘は薨去。百一年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA