福永武彦

概要

 福永武彦(ふくながたけひこ)大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)三月十九日生誕 -昭和五十四(1979)八月十三日逝去(六十一歳)は、小説家、詩人、フランス文学者。

経歴

  大正七(1918)年戊午(つちのえうま55)三月十九日に福永武彦は福岡県筑紫郡二日市町(現、 筑紫野市二日市)で父・福永末次郎と母・トヨの長男として誕生する。

 開成中学、第一高等学校文科丙類(仏語)を卒業する。昭和十六年(1941年)に東京帝国大学文学部仏文科を卒業する。昭和二十一年(1946年)に帯広中学(現、北海道帯広柏葉高等学校)の英語教師となる。

 昭和二十九年(1954年)の長編小説『草の花』で作家としての地位を確立し、人間心理の深奥を探る多くの長編小説を発表した。 昭和五十四(1979)八月十三日に福永武彦は逝去。六十一年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA