後藤田正晴

概要

 後藤田正晴(ごとうだまさはる) 大正三(1914)年甲寅(きのえとら51)八月九日生誕 -平成十七(2005)年九月十九日薨去(九十一歳)は、官僚 、政治家。

経歴

 大正三(1914)年甲寅(きのえとら51)八月九日に後藤田正晴は徳島県麻植郡東山村(現、吉野川市美郷)で父・後藤田増三郎と母・ひでの四男として誕生する。

 昭和七年(1932年)に旧制水戸高等学校 (現、茨城大学)に入学する。 昭和十年(1935年)に東京帝国大学法学部法律学科入学する。昭和十三(1938)年四月十日に内務省に入省する。

 昭和四十四(1969)年八月十二日に警察庁長官に就任する。昭和四十七(1972)年七月に第1次田中角栄内閣の内閣官房副長官に就任する。昭和五十七(1982)年十一月に第1次中曽根内閣の内閣官房長官に就任する。平成五(1993)年五月に副総理兼法務大臣に就任する。 平成十七(2005)年九月十九日に後藤田正晴は薨去。九十一年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA