新田次郎

概要

 新田次郎(にったじろう) 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)六月六日生誕 – 昭和五十五(1980)年二月十五日逝去(六十七歳)は、小説家、気象学者。

経歴

 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)六月六日に新田次郎は長野県諏訪郡上諏訪町角間新田)(現、長野県諏訪市上諏訪角間新田)に父・藤原彦と母・りゑの次男として誕生する。

  旧制諏訪中学校(現、長野県諏訪清陵高等学校)・無線電信講習所本科(現、電気通信大学の母体)・神田電機学校(現、東京電機大学の母体)を卒業する。気象庁職員として富士山気象レーダー建設などに携わる傍らで作家活動を行う。 『 八甲田山死の彷徨 』 など山岳小説の分野を拓く。昭和四十九年(1974年)に『武田信玄』などの執筆活動に対し、吉川英治文学賞を受賞する。 昭和五十五(1980)年二月十五日に新田次郎は逝去。六十七年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA