武田泰淳

概要

 武田泰淳(たけだたいじゅん) 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月十二日生誕 – 昭和五十一(1976)年十月五日逝去(六十四歳)は、小説家。

経歴

 明治四十五(1912)年壬子(みずのえね49)二月十二日に武田泰淳は東京市本郷区(現、東京都文京区本郷)にある浄土宗の寺で大島泰信の三男として誕生する。

 浦和高等学校 (旧制)を卒業後、東京帝国大学文学部支那文学科に入学する。昭和二十二年(1947年)に北海道大学法学部助教授に就任する。 昭和二十三年(1948年)に作家活動に専念するため退職して帰京する。

 昭和三十九年(1964年)に富士桜高原の別荘地「字富士山(あざふじさん)」に別荘「武田山荘」を構える。 昭和五十一(1976)年十月五日に武田泰淳は逝去。六十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA