岡本太郎

概要

 岡本太郎(おかもとたろう)明治四十四(1911)年辛亥(かのとい48)二月二十六日生誕 -平成八(1996)年一月七日逝去(八十四歳)は、芸術家。

経歴

 明治四十四(1911)年辛亥(かのとい48)二月二十六日に岡本太郎は は神奈川県橘樹郡高津村大字二子(現、神奈川県川崎市高津区二子)で、漫画家の父・岡本一平と歌人で小説家の母・かの子の長男として誕生する。

 慶應義塾普通部を卒業後、東京美術学校(現、東京芸術大学)に進学する。昭和五(1930)年一月からパリで暮らす。昭和七年(1932年)頃にパリ大学(現、ソルボンヌ大学)で美学を学ぶ。

  昭和十五年(1940年)に帰国する。 昭和二十年(1945年)に東京都世田谷区上野毛にアトリエを構 える。昭和四十五年(1970年)に大阪で万国博覧会が開催されることが決まり、『太陽の塔』を制作する。 平成八(1996)年一月七日に岡本太郎は逝去。八十四年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA