大平正芳

概要

 大平正芳(おおひらまさよし) 明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)三月十二日生誕 -昭和五十五(1980)年六月十二日薨去(七十歳)は、大蔵官僚、政治家。

経歴

 明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)三月十二日に大平正芳は香川県三豊郡和田村(現、香川県観音寺市)で農家の父・大平利吉と母・サクの三男として誕生する。

 旧制三豊中学校(現、香川県立観音寺第一高等学校)を経て昭和三(1928)年四月に高松高等商業学校(現、香川大学経済学部)に入学する。 昭和八(1933)年四月に東京商科大学(現、一橋大学)に入学する。

  昭和十年(1935年)に高等試験行政科試験に合格する。 昭和十一年(1936年)に大蔵省に入省する。昭和十二年(1937年)に横浜税務署長に就任する。昭和二十四年(1949年)に池田勇人蔵の秘書官に就任する。

  昭和二十七(1952)年十月一日に行われた第25回衆議院議員総選挙に旧香川2区から自民党公認で立候補し初当選する。昭和五十三(1978)年十二月七日に第68代内閣総理大臣に就任する。 昭和五十五(1980)年六月十二日に大平正芳は薨去。七十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA