白洲正子

概要

 白洲正子(しらすまさこ)明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)一月七日生誕 -平成十(1998)年十二月二十六日逝去(八十八歳)は、随筆家。

経歴

  明治四十三(1910)年庚戌(かのえいぬ47)一月七日 に白洲正子は東京府東京市麴町区(現、東京都千代田区)で父・樺山愛輔と母・常子の次女として誕生する。

 大正十三年(1924年)に学習院女子部初等科を修了する。渡米してニュージャージー州のハートリッジ・スクールに入学する。 昭和三年(1927年)に ハートリッジ・スクールを卒業する。昭和四年(1929年)に白洲次郎と結婚する。昭和三十九年(1964年)に随筆『能面』で第15回読売文学賞を受賞する。 平成十(1998)年十二月二十六日に白洲正子は逝去。八十八 年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA