松本清張

概要

松本清張(まつもとせいちょう) 明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)十二月二十一日生誕 -平成四(1992)年八月四日逝去(八十二歳)は、 作家。

経歴

  明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)十二月二十一日に松本清張は、福岡県企救郡板櫃村(現、福岡県北九州市小倉北区)で父・松本峯太郎と母・タニの長男として誕生する。

 大正十三年(1924年)に板櫃尋常高等小学校を卒業する。株式会社川北電気企業社(現、パナソニック エコシステムズ株式会社の源流)小倉出張所の給仕に就職する。昭和二年(1927年)に出張所が閉鎖され失職する。 小倉市の高崎印刷所に石版印刷の見習い工となる。昭和十二(1937)年二月に印刷所を退職して自営の版下職人となる。

  昭和十四年(1939年)に朝日新聞西部支社(現、西部本社)の広告部嘱託となる。 昭和十八年(1943年)に広告部意匠係に所属する正社員となる。昭和二十八年(1953年)に「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞する。同年十二月一日付で朝日新聞東京本社に転勤となる。

 昭和三十一(1956)年五月三十一日付で朝日新聞社を退社する。 平成四(1992)年八月四日に松本清張は逝去。八十二年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA