中島敦

概要

 中島敦(なかじまあつし) 明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)五月五日生誕 -昭和十七(1942)年十二月四日逝去(三十三歳)は小説家 。

経歴

 明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)五月五日に中島敦は東京府四谷区四谷箪笥町59番地(現、東京都新宿区四谷三栄町)で、父・中島田人(たびと)と母・チヨの長男として誕生する。

 第一高等学校を経て昭和五(1930)年四月に東京帝国大学文学部国文学科に入学する。 東京帝国大学文学部を卒業後、横浜高等女学校(現、横浜学園高等学校)で教員となる。

 昭和十七(1942)年(17年)2月号の『文學界』に、「山月記」と「文字禍」が「古譚」と題して掲載される。 昭和十七(1942)年十二月四日に中島敦は逝去。三十三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA