大岡昇平

概要

 大岡昇平(おおおかしょうへい)明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)三月六日生誕 -昭和六十三(1988)年十二月二十五日逝去(七十九歳)は小説家、評論家、フランス文学の翻訳家・研究者。

経歴

  明治四十二(1909)年己酉(つちのととり46)三月六日に大岡昇平は東京市牛込区(現、東京都新宿区)新小川町で株式仲買店に勤める父・貞三郎と母・つるの長男として誕生する。

 大正十(1921)年四月に青山学院中学部に入学する。 大正十(1925)年十二月に成城第二中学校に編入する。昭和四年(1929)年三月に成城高等学校を卒業する。同年四月に京都帝国大学文学部文学科に入学する。

  昭和七年(1932)年三月に 京都帝国大学文学部文学科を卒業する。 昭和十三年(1938)年十月に帝国酸素の翻訳係として入社する。 昭和十九年(1944)年三月に東部第二部隊に入営する。

  昭和二十四年(1949)年四月に明治大学仏文学講師に就任する。 昭和二十七年(19)年二月に『野火』を創元社より刊行する。同年五月に読売文学賞を受賞する。 昭和六十三(1988)年十二月二十五日に大岡昇平は逝去。七十九 年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA