東山魁夷

概要

 東山魁夷(ひがしやまかいい) 明治四十一(1908)年戊申(つちのえさる45)七月八日生誕 – 平成十一(1999)年五月六日逝去(九十歳)は、画家 、版画家、著述家。

経歴

 明治四十一(1908)年戊申(つちのえさる45)七月八日に東山魁夷は神奈川県横浜市で船具商を営んでいた父・浩介と母・くにの次男として誕生する。

 兵庫県立第二神戸中学校(現、兵庫高校)在学中から画家を志し、東京美術学校(現、東京藝術大学)日本画科へ進学する。昭和四年(1929年)の第10回帝展に『山国の秋』を初出品し、初入選を果たす。

 昭和八年(1933年)にドイツのベルリン大学(現、フンボルト大学)に留学する。昭和二十二年(1947年)の第3回日展で、千葉県君津市の鹿野山からの眺めを描いた『残照』が特選を得て日本国政府に買い上げられる。 平成十一(1999)年五月六日に東山魁夷は逝去。九十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA